(工学系)令和3年度 専門科目の実施方法について/
(For Engineering Students)Regarding the specialized classes in the 2021 academic year

令和3年3月10日

工学部及び大学院自然科学教育部(工学系)の在学生の皆さんへ

令和3年度 専門科目の実施方法について

 工学部及び大学院自然科学教育部(工学系)では、令和3年度前学期の専門科目の実施方法について、原則として以下の方針に基づき実施しますので、各授業の実施方法をシラバスで確認してください。

【学部】
 1年生及び2年生 遠隔と対面を組合せたハイブリッド型授業を実施
 3年生及び4年生 原則は遠隔とし、実験、実習、演習等の一部を対面により実施
【大学院】
 原則は遠隔とし、実験、実習、演習等の一部を対面により実施

 対面で実施する授業は、室内の換気や学生間での一定の距離の確保等、必要な感染予防対策を徹底の上で実施しますが、本人及び同居家族に基礎疾患がある等、対面授業に不安がある場合は、事前に下記問合せ先にご相談ください。

TO: All GSST Students

For the first semester of the 2021 academic year, the GSST (Engineering) will conduct specialized courses remotely but some experiments, practical training, and exercises may be conducted face-to-face. Please check the syllabus for the details about each class.

We will take all necessary measures to prevent new infections, such as increased ventilation and social distancing in face-to-face classes. However, if you or someone living with you has a medical condition that makes you uncomfortable with face-to-face classes, please contact the office below in advance.

大学院教務担当Academic Affairs Section
Tel 096-342-3013
Email szkn-kyomu※jimu.kumamoto-u.ac.jp
(※を@に置き換えてください)