第6回みなまた環境塾シンポジウムのお知らせ

第6回みなまた環境塾シンポジウム
宇宙の環境と人間

 「みなまた環境マイスター養成プログラム(みなまた環境塾)」は、大学院自然科学研究科の環境MOTコースとして、資源循環型社会の構築に貢献出来る人材並びに社会システム・ライフスタイルを含めた環境保全の担い手を育成することを目的として平成19年度より水俣市と熊本大学が協働で実施しています。現在、二期33名が修了しエコロマスターとして地元で活躍中であり、第三期の育成を行っているところです。
今回のシンポジウムは、宇宙空間の環境悪化や宇宙環境の悪化がおよぼす人体や地球環境への影響などの講演を下記要領にて行います。
多くの皆様のお越しをお待ちしております。

日 時  平成23年2月12日(土)14:00~17:00
場 所  水俣市総合もやい直しセンター(水俣市牧ノ内3番1号 TEL:0966-62-3120)
内 容  1.開会
      2.講演① 「宇宙空間への人体への適応」
       講師 大平 充宣氏 大阪大学大学院医学系研究科 教授
      3.講演② 「スペースデブリ:宇宙ゴミのはなし」
       講師 福井 啓二氏 財団法人日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部長
      4.質疑応答
      5.閉会
入場料  無 料
主 催  水俣市・国立大学法人熊本大学
詳細は、こちら(PDF)、または、みなまた環境塾ホームページをご覧ください。
【お申し込み・お問い合せ先】
FAX・メール・電話にてお申し込み下さい。人数把握のために2月4日(金)までにお願い致します。(当日会場でのお申し込みも可能です)
  みなまた環境塾   FAX:096-342-3905 Email:staff@ecomot.org
  熊本大学自然科学系事務ユニット TEL:096-342-3519
  水俣市役所総合経済対策課    TEL:0966-61-1628
20110201
20110223
熊本大学・大学院自然科学研究科
「革新研究加速化プラットフォーム」研究コア
キックオフ・シンポジウム

日時:平成23年3月14日(月)13:00~16:00
会場:熊本大学工学部百周年記念館
 熊本大学大学院自然科学研究科では、現研究センター等の改組を行い、「国際卓越研究センター」、「基盤研究教育センター」及び研究コア群で構成される「革新研究加速化プラットフォーム」の3つの研究センター群に集約を行う予定です。この中で「革新研究加速化プラットフォーム」では、明確なミッションを定めた「研究コア」を複数設置し、将来の卓越センターを目指す研究組織の育成を行うとともに、産業界あるいは地域のニーズに応える高度な研究を推進します。今回、「研究コア」の公募を行った結果、5件のコアが採択されました。研究コアの本格的な活動は、平成23年度より開始しますが、新しい研究コアの活動内容を学内外の方々へ事前に広く知って頂くために、キックオフ・シンポジウムを開催致します。年度末のお忙しい時期とは存じますが、ぜひ、ご参加、ご聴講頂き、新しい研究コアの活動につきまして、皆様方の忌憚のないご意見を賜れれば有り難く存じます。
講演会プログラム
13:00     開会
13:00-13:05 熊本大学・学長挨拶
13:05-13:10 自然科学研究科長 西山忠男
        「自然科学研究科におけるセンター群の改組」
13:10-13:40 自然科学研究科・教授 久保田 弘
        「NaPFAスケール量産のための最先端製造科学研究コア」
13:40-14:10 自然科学研究科・教授 尾原祐三
        「環境知能材料を対象としたX線CT法の応用研究に関する研究コア」
14:10-14:30 休憩
14:30-15:00 自然科学研究科・准教授 松永信智
        「先進ヒューマンマシン研究コア」
15:00-15:30 自然科学研究科・教授 嶋田 純
        「地域水循環機構に基づく持続的水資源利用のフロンティア研究コア」
15:30-16:00 自然科学研究科・教授 伊原博隆(発表者:准教授 冨永昌人)
        「有機フォトエレクトロ研究コア」
16:00     閉会
チラシはこちらよりご覧になれます。
お問い合わせ先:自然科学系事務ユニット・研究センター支援担当(TEL:096-342-3143)