【ご案内】学生主催特別講演会『超高分解能液中原子間力顕微鏡の開発と固液界面計測への応用』

 熊本大学大学院自然科学研究科では、AGEIN計画(Advanced General Education for Innovation)で特別教育プログラムを実施しております。その一環として博士後期課程の学生が企画・主催する特別講演会を開催しております。
 これは博士後期課程の学生が様々な分野の研究者や、今までに読んだ本の著者など、直接話を聞いてみたいと思う方に依頼をして、講義もしくは講演会を開催する、というものです。
 今回下記のとおり、学生主催の特別講演会を開催いたしますので、ぜひご来聴ください。
 事前準備の都合上、メールでお申し込み願います。

大学院自然科学研究科 AGEIN 学生主催特別講演会
『超高分解能液中原子間力顕微鏡の開発と固液界面計測への応用』

■講師 : 福間 剛士 (ふくま たけし) 教授
     金沢大学理工研究域電子情報学系
■日時 : 平成24年12月12日(水) 16:00~18:00
■会場 : 熊本大学工学部1号館2階 共用会議室B
■定員 : 80名
■講演要旨 :
液中での原子分解能観察を可能とした液中周波数原子間力顕微鏡(FM-AFM)の開発とそれを用いた生体試料の表面構造や水和構造のサブナノスケール観察技術について紹介する。
■主催者からのメッセージ :
周波数原子間力顕微鏡(FM-AFM)は、分子や原子レベルの分解能を有し、さらに液中におけるその場観察を可能とするプローブ顕微鏡として、今最も新しく注目されている技術です。今回の講演会ではこのFM-AFMの第一人者である福間教授をお招きします。プローブ顕微鏡を研究でご使用の方、またナノテクノロジーに少しでもご興味のある方は是非お越し下さい。
※ポスターは、こちら[PDF:247KB]
○企画・主催 :
       田上 亮太               
       産業創造工学専攻 國武研究室 博士後期課程2年
       Email: 118d9203@st.kumamoto-u.ac.jp
       (@を半角に変えてください。)
○お申し込み・お問い合わせ先 :
       園田 佳奈美               
       熊本大学自然科学系事務ユニット プロジェクト支援室 
       Email: szk-projectapply@jimu.kumamoto-u.ac.jp
       TEL:096-342-3836
       (@を半角に変えてください。)
※事前準備のため、メールでお申し込みください。
 (氏名・所属先をお知らせください)