教育部長からのメッセージ

熊本大学大学院 自然科学教育部長 市川 聡夫
熊本大学大学院
自然科学教育部長
市川 聡夫
出発 大学院自然科学教育部!
高い専門性と俯瞰的な視点からの問題解決能力を身につけた
T字型人材の育成

 平成30年4月、熊本大学大学院自然科学教育部が発足しました。自然科学教育部では高い専門性と他分野を融合して問題を解決できるT字型人材の育成を目指します。
 
 自然科学教育部の前身である自然科学研究科は、理学研究科と工学研究科を統合して昭和63年度に発足しました。平成10年度には、博士前期課程8専攻、博士後期課程4専攻から構成された博士前後期課程からなる区分制大学院へと改組しました。平成18年度に大学院重点化と複合新領域科学専攻の設置、平成22年度に数学専攻(博士前期課程)を設置し、博士前期課程9専攻、博士後期課程5専攻の大学院となりました。
 
 現在、熊本大学では、教育および研究それぞれの組織を必要に応じて独自に再編することを可能にするため、教員が所属する研究部と教育組織である教育部に分離する体制づくりを進めています。教員が所蔵する組織としては平成28年度に大学院先端科学研究部が設置され、教育を担う組織である教育部の改組を進めていましたが、大学設置審議会で認められ平成30年4月より大学院自然科学教育部が発足しました。
 
 自然科学系においては、高い専門性と論理的思考力に加え、様々な問題に対し俯瞰的な立場から創造力を持って解決できる人材が求められています。このような人材へと成長するためには、各学問領域における高度な専門知識や技術のみならず、専門以外の幅広い知見を併せ持ち、他分野との融合を推進できる資質が必要です。このような人材は、高い専門性を縦軸、分野を超えて融合する能力を横軸とみたてて、T字型人材とよばれています。
 
 自然科学教育部では、博士前期課程を学部の専攻に合わせて9専攻から5専攻に改組し、学部から大学院博士前期課程までの6年一貫的教育を実現し、専攻ごとの特色ある専門教育によって高い専門性と論理的思考能力を身につけることができます。一方、博士後期課程では、理学系、工学系それぞれにおける最先端知識および技術を身につけ、課程修了後には俯瞰的立場で他分野と協働事業が展開できる人材を育成するため、理学専攻と工学専攻の2専攻に改組しました。
 また、専門以外の幅広い知見を併せ持ち他分野との融合を推進できる資質を身につけるため、自然科学教育部共通の「理工融合教育科目」群に「先端科学科目」「大学院教養教育科目」「MOT特別教育科目」「英語教育科目」を配置しています。これらの科目の履修を通して、幅広い知識と他分野との相互理解力のもと融合を推進できる能力を獲得してもらいます。
 
 社会の急速な変貌に伴って起こる様々な問題を解決するためには、若い皆さんの力が必要です。熊本大学大学院自然科学教育部で、高い専門性と同時に柔軟に対処しうる豊かな識見と創造的、指導的能力をみにつけ、我が国および国際社会に貢献して下さい。