アドミッションポリシー 博士前期課程

博士前期課程建築学専攻

建築学は人間を中心として建物及びその周辺環境の安全性、快適性、利便性そして芸術性に関する広範な学問分野であり、その教育研究分野は大きく構造、環境、計画に分かれている。

 

本専攻を志す人は、各分野に深く問題を追求する能力が要求されるのはもちろんであるが、建築という複雑な系を時間的・空間的に的確に把握するために、これらを包括的に総合化する能力やバランス感覚がますます必要とされる。

 

以上のような観点から、本専攻は、次のような人を求める。

数学や物理学及び英語などの基礎学力や建築分野での基礎的な専門知識を有する人
研究成果の学会発表や設計作品のコンペ発表などをするため、英語を含むコミュニケーション能力を有する人
人間の尊厳と環境の調和を認識し技術者・研究者としての倫理観を持つ人