大学院科学技術教育の全面英語化計画(GRASIUS)

本プログラムの活動報告

News Letter 2008.12 No.5

海外インターンシップ体験談

情報電気電子工学専攻/博士前期課程2年 右立 真輝

 

大学院科学技術教育の全面英語化計画(グラシウス計画)による支援を受け,2月上旬から2ヶ月間フランスのボルドー国立高等電子情報学院に研究インターンシップに行って参りましたのでご報告いたします。
私はLaBRIという研究室に配属され,分散システムやモバイル機器の研究をなさっているSerge Chaumette教授に指導して頂きました。そこで「モバイル機器を用いた移動距離測定システムの調査と開発」に取り組む事になりました。
それを取り組むにあたり,文献を調べ,ディスカッションを行い,報告書を作成するという日本では当たり前に行っていた事をするのですが,言語が英語になった途端に困難な事へと変わり,始めのうちは非常に苦労しました。しかしながら,回数と時間を重ねることによって,総合的なコミュニケーション能力の向上を実感出来ました。その中でも特に私は専門分野に関する議論を英語で行う機会がそれまであまり無く,良い経験になったと共に大きな自信に繋がりました。
また,自分自身が留学生となり,フランスの学生に加え,様々な国からの留学生と接する事により彼らの知識の深さやモチベーションの高さを知る事が出来た事は非常に良い刺激となりました。このインターンシップを通して得た経験と自信は残された学生生活やこれからの社会生活の大きな糧になると思います。
最後になりますが,この様な本当に素晴らしい機会を与えてくださった関係者の皆様に深く御礼申し上げます。

5_03_02インターンシップ