熊本大学大学院自然科学教育部ニュースレター 森と風

学生紹介
                           
研究者になる夢を追い続けて、ここまでたどり着きました。 環境共生工学専攻 博士後期課程1年 塩田 絵里加

私の所属する研究室では、油による地盤汚染の浄化手法の検討についての研究を行っています。また、私の研究では、土の供試体をマイクロX線CTスキャナ装置で撮影することによって、土粒子と土粒子の隙間に入り込んだ油の挙動を3次元で可視化することができます。そのため、CT画像解析と数値解析から適切な油の浄化手法のアプローチについて海外の研究者と連携して研究を進めています。英語でディスカッションするのは大変ですが、とても刺激的な毎日を過ごしています。

shakaikankyo_shiota_img

研究室のメンバーと切磋琢磨しながら研究を進めています。