MOT(Management of Technology :技術経営)とは「技術に立脚する事業を行う企業・組織が、持続的発展のために、技術が持つ可能性を見極めて事業に結びつけ、経済的価値を創出していくマネジメント」であり、ビジネスモデルや商品コンセプトをデザインする力と、多彩な人材を生かしてプロジェクトを完遂するマネジメント力がその中核となります。すなわち起業家的技術経営人材の養成をこの特別教育コースで行うものです。
本コースのカリキュラムは、経営の基礎理論から技術経営の実践に関する講義、発表や討論を含む演習・実習など全7科目8単位の教育科目で構成されており、定員を15名程度と限定することで少人数を対象としたきめ細やかな教育を可能としています。
講師陣としては、経営学の専門家や実務の第一線で活躍中の経営者からなる総勢9名の方々に講師をお願いしています。
同コースの修了者には、MOT特別教育コース修了証を授与します。

 

コース長挨拶 カリキュラム 講師と講義内容紹介
募集要項 お問い合わせ 2017年パンフレット

PDFダウンロード(PDF:1.39MB)