教育部各専攻の紹介 博士前期課程

博士前期課程 情報電気工学専攻

 

電子工学教育プログラム

 

教育目的

ものづくりは、計測、信号処理、制御などの電子工学分野の技術に支えられている。これらの基礎技術を深化するにとどまらず、ネットワーク化や小型化・省電力化などの情報および電気分野の技術を積極的に取り入れ、新しいものづくりを担う技術者の育成が急務となっている。電子工学教育プログラムでは、社会の要請に応える高度な専門性と先進性を備えた人材を育成する。

教育目標

電子工学教育プログラムでは、電子情報システムに関する最先端レベルの専門科目を教授すると共に、各自の研究課題を設定し、課題解決に向けた問題のモデル化とその研究手法を修得させるための教育を通して、最先端の専門知識と広範な応用能力を培い、地域や国際社会に貢献できる高度な技術者・研究者を育成することを目標とする。

教育の特色

学部教育で工学一般の基礎領域と電子工学の専門課程を学修した学生に対して、最先端レベルの電子情報系専門科目群を教授します。カリキュラムは学部教育で学修した環境情報処理分野、エネルギー制御分野を中核に、コンピュータ分野、環境・デバイス分野の科目も履修可能とし、専門性の深化と応用展開に対応できるように編成しています。

代表的な科目

システム制御工学特論IおよびII、生体情報システム特論、信号・画像処理特論IおよびII、コンピュータビジョン

アドミッションポリシーへ