教育部各専攻の紹介 博士前期課程

博士前期課程 情報電気工学専攻

 

情報工学教育プログラム

 

教育目的

情報工学は、急激な技術革新により、社会生活を支える基盤技術を提供すると共に、様々な分野で応用されるという固有の性質を持つ。これに対応するために、ソフトウェア分野、ハードウェア分野、計算機応用分野、電気・電子・通信分野に特化した深い基礎と高度な専門的知識を学修し、それを応用できる力を教育する。

教育目標

情報工学教育プログラムでは、情報通信に関する最先端レベルの専門科目を教授すると共に、各自の研究課題を通して、課題解決に向けた問題のモデル化とその研究手法を修得させるための教育を通して、最先端の専門。知識と広範な応用能力を培い、地域や国際社会に貢献できる高度な技術者・研究者を育成することを目標とする。

教育の特色

学部教育で工学一般の基礎領域と情報工学の専門課程を学修した学生に対して最先端レベルの情報系専門科目群を教授します。ソフトウェア分野、ハードウェア分野、計算機応用分野の主要なものを情報工学専門基礎科目として、また計算機応用分野の一部と電気・電子・通信分野について、情報電気工学専攻内の電気工学、電子工学教育プログラム内で開講する科目を情報工学応用科目として履修できるようにカリキュラムを構成しています。

代表的な科目

計算機構成特論、分散システム論、集積システム工学特論、離散システム特論

アドミッションポリシーへ