• センター長挨拶
  • イノベーションリーダー育成プログラム
  • 国際共同教育プログラム
  • Aim-Highプログラム
  • 開講科目一覧
  • 各種支援事業

  • HOME
  • 講義情報
  • ★NEW★【開講通知】R4年度「SDGs第5目標(ジェンダー平等)を達成するには」

★NEW★【開講通知】R4年度「SDGs第5目標(ジェンダー平等)を達成するには」

自然科学教育部学生各位

                         総合科学技術共同教育センター

                            センター長  藤本 斉

 

総合科学技術共同教育センター(GJEC)理工融合教育科目・大学院教養教育科目・現代社会理解B/国際理解「SDGs第5目標(ジェンダー平等)を達成するには」について、開講の詳細をお知らせします。

 

 

 

◇科目名   SDGs第5目標(ジェンダー平等)を達成するには

 

※2018年度以降入学者:理工融合教育科目・大学院教養教育科目・現代社会理解Bとして開講

※2017年度以前入学者:大学院教養教育科目・国際理解として開講

 

◇講師    名取 はにわ 先生(学校法人日本社会事業大学)

 

◇開講日時

       【対面授業】

       7月7日(木)2限「10:25-11:55」3限「12:55-14:25」

       7月8日(金)2限「10:25-11:55」3限「12:55-14:25」

 

       【遠隔授業(Zoom)】

       7月21日(木)2限「10:25-11:55」3限「12:55-14:25」

       7月22日(金)2限「10:25-11:55」3限「12:55-13:40」

 

◇場所   【7月7日、7月8日】

詳細が決まり次第Moodleにて通知致します。

 

【7月21日、7月22日】

Zoomによる遠隔形式にて実施

 

◇単位数   1単位

 

◇コード  【2018年度以降入学者】(博士前期)49123(博士後期)79123

【2017年度以降入学者】※大学院教務・国際担当までおたずねください

 

◇カテゴリー 0(Books: Japanese, Language: Japanese)

 

◇講義概要

国連が提唱し、日本政府も取り組んでいるSDGs。特に第5目標であるジェンダー平等について、多角的知識を身に着けることにより、各自の「生きる力」を強化する。

 

1 .日本のジェンダー平等の現状と問題

世界経済フォーラムが毎年公表している世界ジェンダーギャップインデックスを使用する。

 

2 .男女共同参画行政の歴史

1:男女平等の道のり2:男女共同参画行政は国連から3:女子差別撤廃条約

 

3 .男女共同参画社会基本法

男女共同参画社会基本法 男女共同参画基本計画 ポジティブ・アクションとワーク・ライフ・バランス 男性の家事育児参画

 

4 .女性活躍推進法 政治分野における男女共同参画推進法等

女性活躍推進法と大学、総合科学技術基本計画

政治分野における男女共同参画推進法

 

5 .日本の少子化、最近の世界の動き

1:日本の少子化の進展と解決策

2:国連SDGsとジェンダー平等 HeforShe WEPs

3:G7 G20

 

6 .ジェンダー概念とアンコンシャス・バイアス

ジェンダー概念はパラダイム アンコンシャ・スバイアスとジェンダー概念

 

7 .様々な女性に対する暴力と法制等

1:DV他様々な女性に対する暴力と法制度

2:性的同意の重要性

 

8 .熊本大学の男女共同参画施策と将来展望

熊本大学の男女共同参画の現状と展望、女性活躍推進計画

 

【履修登録】

履修希望者は大学院教務・国際担当にて下記締切日までに履修登録を行ってください。

履修登録締切日:6月30日(木)16:00まで

 

【履修削除】

履修登録後に履修が不可能になった場合は、下記締切日までに大学院教務・国際担当にて履

修削除手続きを行ってください。

履修削除締切日: 7月6日(水)13:00まで

 

【重要】履修削除締切日までに削除手続きを行わない場合は、受講の意志があるものとし評価の対象となります。

 

★GJECのホームページはこちら・・・https://www.fast.kumamoto-u.ac.jp/gjec/

 

担当:自然科学系事務課大学院教務・国際担当(内線3013)

Email : szk-project@jimu.kumamoto-u.ac.jp