• センター長挨拶
  • イノベーションリーダー育成プログラム
  • 国際共同教育プログラム
  • Aim-Highプログラム
  • 開講科目一覧
  • 各種支援事業

  • HOME
  • イノベーションリーダー育成プログラム

イノベーションリーダー育成プログラム

 今日、従来のMOT教育をアップデートする時期に来ている。
21世紀はVUCAワールド(Volatility(変動性)/Uncertainty(不確実性)/Complexity(複雑性)/Ambiguity(曖昧性))
といわれ、「正解のない時代」に突入している。
 企業の成長戦略に則った課題解決策が功を奏した時代は終わり、ゼロイチ【0→1】、即ち自ら問題(アジェンダ)を設定して、
解決策を考え、実行することが求められる時代にシフトしている。
 では、21世紀の技術経営人材に求められる要件とは何か。
 それは、「企業経営の仕組み全体のアップデート、つまり、デジタルトランスフォーメーションをリードできる人材」であり、
同時に、「ゼロイチ・プロジェクトを立ち上げ、マネジメントできる人材」である。
 21世紀の技術経営人材には、3つのキャリアパスがある。それは、企業内変革リーダー、企業内起業家(イントレプレナー)
そして起業家(アントレプレナー)である。

 本プログラムは、経営の基礎理論から技術経営の実践に関する講義、発表や討論を含む演習・実習など全7科目で構成されており、
経営学の専門家や実務の第一線で活躍中の経営者が講師を務める。
 本プログラムを修了した学生は、「イノベーションリーダー育成プログラム修了認定」を受けることができる。