• センター長挨拶
  • イノベーションリーダー育成プログラム
  • 国際共同教育プログラム
  • Aim-Highプログラム
  • 開講科目一覧
  • 各種支援事業

講師と講義内容紹介

氏名:髙橋 浩一(たかはし こういち)
現職:熊本大学熊本創生推進機構イノベーション推進部門 特任教授
担当科目:MOT概論・基礎編/MOT概論・応用編/実践MOT

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。
石油会社、外資系コンサルティングファーム、起業、ベンチャー企業を経て現職。
製造業のデジタルトランスフォーメーション推進支援およびアクセラレーター・プログラムの開発・運営を専門とする。
「正解のない時代」に、自己の価値観をもとに、自ら問いを立てて、解決策を考え、実行する人材を育成します。

氏名:平山 雄太(ひらやま ゆうた)
現職:名古屋大学学術研究・産学官連携推進本部 客員准教授
担当科目:MOT概論・応用編/DX経営(ロボティクス・スマートシティ概論)

民間企業での新規事業の立ち上げを複数経験後、福岡地域戦略推進協議会にてオープンイノベーションの推進や、スタートアップ支援、スマートシティプロジェクトを担当。2018年4月より名古屋大学客員准教授。2019年3月より世界経済 フォーラムC4IRJにてスマートシティプロジェクトを担当。
【講義概要】本講座では、グローバル規模で社会を捉えながらいかにローカルア ントレプレナーシップを実践していくかについて概観していきます。

入江英也

氏名:入江 英也(いりえ ひでや)
現職:株式会社ユウシステム 代表取締役
担当科目:ベンチャー企業論

ベンチャー企業論のアジア版として、海外(特に中国、ASEAN)で会社を経営することのメリット/デメリットをわかりやすく講義します。

小間裕康

氏名:小間 裕康(こま ひろやす)
現職:株式会社コマエンタープライズ 会長/GLM株式会社ファウンダー
担当科目:ベンチャー企業論

GLMは重厚長大な自動車産業に参入し、日本で唯一、自社開発による電気自動車の量産を成功させ、時価総額15,000億円を超える香港でのクロスボーダーIPOを実現したベンチャーです。
自身の取り組む事業を実例に、ものづくりベンチャーの起業時の課題と解決策をお話します。創業時の意思決定のポイント、事業運営における不確実性への取り組み、リソースが無い中での資本政策などを取り上げます。

氏名:納富 貞嘉(のうとみ さだよし)
現職:株式会社Fusic 代表取締役社長
担当科目:ベンチャー企業論

九州大学工学部卒業、九州大学大学院修了。
大企業や外資系コンサル企業の内定を得るも、在学中にITコンサルティング、システム開発で株式会社Fusicを起業し今に至る。
企業の選び方や、起業の話、会社経営におけるモチベーションやお金の話など、学生に近い目線でお伝えできればと思います。

藤井健太郎

氏名:藤井 健太郎(ふじい けんたろう)
現職:連続起業家/名古屋大学大学院 客員教授
担当科目:ベンチャー企業論

18歳で学生起業し、個人事業を開始。セキュリティ企業やクラウド企業を立ち上げ後、マサチューセッツ工科大学経営大学院EMOT課程修了。
中小企業庁長官賞、アントレプレナー大賞など受賞。月間600万人が利用する「データ便」を始め複数の事業を展開。事業着想から実行、事業拡大及び縮小時に起こりうる可能性の高い問題点、営業、資金調達等を実体験と多数の失敗を元に講義。自身も実践する各シェアリングエコノミー事業に詳しい。名古屋大学客員教授兼任。

松尾洋

氏名:松尾 洋(まつお ひろし)
現職:株式会社くまもと健康支援研究所 代表取締役
担当科目:ベンチャー企業論

熊本大学発健康ベンチャー企業として2006年に株式会社くまもと健康支援研究所を設立。県内外の市町村、健康保険組合の健康づくり事業に従事するとともに、医療機関と連携した新たな健康づくり事業である医商連携まちづくり「うえきモデル」を構築。
成長分野に期待される医療・介護連携産業分野における企業の経緯、起業後の課題解決方策など、体験談を中心にベンチャー企業について講義を行います。

氏名:有定 裕晶(ありさだ ひろあき)
現職:株式会社メルカリ 知的財産チーム
担当科目:UXデザイン(知財戦略概論)

九州大学大学院工学修士修了。ルネサスエレクトロニクスでの米国特許係争、LINEでの特許業務全般を経て、現職。メルカリ・メルペイで知的財産に関連する幅広い業務に従事し、IP Tech特許業務法人 相談役、ベンチャー・スタートアップの知財コンサルなどを副業としている。
主にLINE・メルカリ・メルペイでの経験に基づいて、「知的財産戦略」や「特許とはなにか?」を解説します。わかり易さ重視で、難しい言葉は使いません。

田子學

氏名:田子 學(たご まなぶ)
現職:株式会社エムテド 代表取締役
担当科目:生産マネジメント(UXデザイン演習)/プロジェクトマネジメント

東芝にて家電、情報機器に携わり、家電ベンチャーリアルフリート(現amadana)の創業期に参画した後、MTDO inc.を設立。企業や組織デザインとイノベーションの研究を通し、広い産業分野においてコンセプトメイキングからプロダクトアウトまでをトータルにデザインする「デザインマネジメント」を得意としている。ブランディング、UX、プロダクトデザイン等、一気通貫した新しい価値創造を実践、実装しているデザイナー。2013年TEDXTokyo デザインスピーカー。国内外受賞歴多数。著書に「突き抜けるデザインマネジメント(日経BP)」他。

立石 従寛

氏名:立石 従寛(たていし じゅかん)
現職:株式会社立庵 代表取締役
担当科目:UXデザイン(アート思考とスペキュラティブデザイン)

美術家、キュレーター(HB.)、音楽家。 人工知能に流れる人間像の観察をテーマに活動している 。2020年、Royal College of Artにおいてファインアートフォトグラフィー修士号を取得(論文首席)。キュレートリアル・アートスペースThe 5th Floor代表。株式会社立庵代表取締役。
本講義では、世に言うアート思考と思弁的デザインに知を預かり、この先行き不明瞭な社会への問いを建てる。

長谷直達

氏名:長谷 直達(はせ なおたつ)
現職:株式会社Colori 代表取締役社長
担当科目:UXデザイン(マーケティング概論)

株式会社ミクシィでプロダクトオーナー、M&A関連業務に従事後、2015年1月からミクシィ・リサーチの取締役に就任。その後、Googleから日本初で出資されたAIベンチャー“ABEJA”の取締役を務めた後、2019年6月に取締役を退任し、熊本に移住。
良いプロダクトを作っても、使ってもらわなければ意味がない。プロダクトの技術的な優位性が難しい現代だからこそ、マーケティングが今まで以上に重要になっています。

氏名:正田 英樹(しょうだ ひでき)
現職:株式会社chaintope 代表取締役CEO
担当科目:DX経営(ブロックチェーン・ビジネス概論)

九州工業大学在学中にIT会社起業。アジアのシリコンバレー飯塚の実現をスローガンに地方創生事業に力を注ぐと共に、自らも複数のスタートアップを行う。2016年に日本およびアジアの地域活性化を目的として株式会社chaintopeを設立し、ブロックチェーンを活用した新たな自律分散型の社会モデルの構築を目指し活動中。境界線を定めず、最も早く社会実装を実現できる地を求め、日本のみならずASEAN各国でのパートナーシップ構築に奔走している。

氏名:森戸 裕一(もりと ゆういち)
現職:ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役/名古屋大学客員教授
担当科目:DX経営(DX概論/IOTとデータ経営)

総務省地域情報化アドバイザー、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師など政府の施策の支援を行いながら、自らも一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会を設立し行政や産業界のアップデートを行う。全国で3000回以上の講演、セミナーなどの登壇実績がある社会のデジタル化分野でリーダー的な役割を担う。2006年には日本初のフルインターネット大学であるサイバー大学の設立に寄与し、自らも教授として教鞭をとる。

氏名:渡辺 孝信(わたなべ たかのぶ)
現職:株式会社FRONTEO行動情報科学研究所 製品開発チーム 課長
担当科目:DX経営(AIビジネス概論)

京都大学経営管理大学院 経営学修士。
大学院を卒業後、大学の講師(産学官連携や知的財産管理)、セキュリティベンチャー企業を経て、現職。講義では、最新のAI業界の動向と、独自開発のAIエンジンを使用した言語解析による企業の課題解決例を紹介しながら、AIプロジェクトを円滑に進めるうえでの重要なポイント、AI導入の最前線をお話させていただきます。

氏名:草野 秀樹(くさの ひでき)
現職:PwC コンサルティング合同会社 Public Service Manager
担当科目:プロジェクトマネジメント

大学にてデザイン工学専攻課程を修了後、マーケティング会社で多様な業界の商品開発からプロモーションに携わり、総合コンサルティングファーム、現職のPwC コンサルティングにて官公庁・地方自治体における政策立案及び事業化支援や民間企業に対するイノベーション戦略やコーポレートベンチャリングに向けたプログラム支援、新規事業戦略立案の経験やマーケティング領域における戦略立案・実行支援を専門に従事し、「デザイン」を取り込んだコンサルティングサービスを提供。

氏名:安元 章裕(やすもと あきひろ)
現職:株式会社Fusic  PMOチーム リーダー
担当科目:プロジェクトマネジメント

建築設備(サブコン)の現場監督から、業界業種を越えて株式会社Fusicへ転職。
業務系WEBシステムの設計を中心に従事。PMI PMP 取得。
プロジェクトを進めていくための視点やポイントを、開発現場の視点を中心に、PMBOKの紹介やその内容にも触れながらお話したいと思います。