教育部各専攻の紹介 博士後期課程


博士後期課程 工学専攻

 

物質材料工学教育プログラム

 

教育目的

材料創製技術は科学技術のあらゆる分野の基礎をなすものであり、現代科学におけるマザーテクノロジーの一つである。本講座では材料に関してその創製からプロセス制御、物理的・化学的性質、力学特性の解析評価、リサイクル等について多面的教育を行い、材料科学に関する深い専門性と柔軟かつ幅広い論理的思考力を備えた独創性に富む国際感覚豊かな自立した研究者を養成する。

教育目標

1 目的に掲げる人材育成を行うための教育プログラムを編成し、その有効性について継続的に学生による授業評価・教員相互のFD活動・自己点検評価・外部評価を行い、プログラムの改善と充実を目指す。
2 物質の構造、物理的・化学的性質、力学的特性等をナノからマクロにわたり幅広い視野で探究する高度な知識と技術を涵養するために、材料科学に関する高度専門教育を充実させる。
3 博士論文研究指導を通して独創的な研究課題の設定、論理的な研究手法の確立、分野間の有機的連携、効果的な研究成果の発表能力の向上に努めて、材料開発に関する萌芽的・基礎的研究から実用化を目指した応用研究、さらには先駆的学際研究まで幅広く展開できる研究力をはぐくみ研究者としての自立性を涵養する。
4 国内外の学会活動参加を奨励・支援し、自らの研究成果を広く公表すると同時に、材料科学に関する最新の知識の獲得・問題意識の喚起と研究成果の地域社会への還元を促す。
5 外国人研究者による講義、講演の機会を増やすと同時に、外国人研究者との交流、ならびに外国語による発表、論文作成等を主体的に行わせることで国際性を涵養する。

教育の特色

物質の構造、物理的・化学的性質、力学特性等をナノからマクロにわたる幅広い視野で探索できる高度な知識と技術を持ち、材料開発に関する萌芽的・基礎的研究から実用化を目指した応用研究まで幅広く展開できる研究力を修得できるように編成しています。さらに、個々の専門分野の研究をより深化させ、分野間の有機的連携を図り、先駆的学際研究プロジェクトを提案する力、外国人研究者との交流や外国語による発表・論文作成等を主体的に行う力、独創的な研究課題の設定、論理的な研究手法の確立、効果的な研究成果の発表能力の向上に努め研究者としての自立性と研究成果を地域社会へ還元するための発想力と提案力を醸成できるように編成しています。

代表的な科目

アモルファス・ナノ結晶材料学、先端マテリアル塑性工学、先端セラミックス材料設計学、材料ナノ界面設計学

アドミッションポリシーへ