教育部各専攻の紹介 博士後期課程


博士後期課程 工学専攻

 

機械知能システム教育プログラム

 

教育目的

最近の進展の著しい機械システムや構造物などでは、より高性能・高機能が要求されると同時に、周囲と調和のとれたシステム全体の知的設計・生産が必要です。生産プロセスに関する基礎から応用までの幅広い知識の上に、コンピュータ技術を駆使した信号の計測処理・システム制御を含む知的生産システム技術に関する学力を備え、創造性を発揮して積極的に活躍できる人材を育成します。

教育目標

本プログラムの定めた教育目的を達成するために下記の目標を設定する。

1 知的生産プロセス・生産システム技術に関する広い知識とその具体的応用法を習得させる。
2 研究指導においては、探求心、創造性および問題解決能力等を育成する。
3 幅広い分野に適応でき、研究者集団・技術者集団の一員として他と協調して研究を遂行する能力を養う。

教育の特色

21世紀の高度科学技術社会を支えるために、生産システムの高度化、知能化は極めて重要な課題となっています。
本プログラムでは、衝撃波を始めとする各種の極限環境の発生・制御技術やそれらを応用した先端生産加工技術の開発、機械設計に不可欠な材用の変形や強度解析などを行うとともに、各種生産システムの知能化を支える先端的計測制御技術を駆使した自動化、ロボット化など、広域な研究領域にわたる総合的教育研究を行います。

代表的な科目

破壊力学、接合加工学、計測信号処理特論、センサー工学特論

アドミッションポリシーへ