教育部各専攻の紹介 博士後期課程


博士後期課程 工学専攻

 

応用数理教育プログラム

 

教育目的

応用数理教育プログラムでは複雑系解析、確率解析、統計科学、情報数学の各分野に於いて基礎的な研究を重視しつつ、高度化している最先端の理論を修得し、さらに深化させることによって、学問の発展、社会の進展に貢献できる人材育成を目的とする。

教育目標

数理工学教育プログラムの教育目的を達成するために、以下の目標を設定する。

1 最新の数学理論を積極的に取り入れ、独自の数学観を身につけた人材を育成する。
2 高度な数学的経験を地域社会の発展に還元できる高度職業人を育成する。
3 最先端の数学を身につけ、数学教育、研究面での第一線で活躍できる質の高い人材を育成する。

教育の特色

暗号理論と代数学、生体システムとカオス解析、金融工学と確率解析など、科学技術の発展と現代数学との関わりがクローズアップされています。
応用数理教育プログラムでは、これらの問題解決に必要となる応用数理(非線形解析などの決定論、確率・統計解析などのランダム理論、そして計算数学などの境界理論など)について研究教育を行います。

代表的な科目

調和解析学特論、組み合せ論特論、大偏差原理特論、多変量解析特論

アドミッションポリシーへ