教育部各専攻の紹介 博士後期課程


博士後期課程 工学専攻

 

先端情報通信工学教育プログラム

 

教育目的

グローバル化した高度情報化社会における広範な情報通信領域における高度な専門能力と高い見識を備え、創造的かつ実践的に人類の福祉に貢献できる人材育成を目的とする。

教育目標

以下のような能力の習得を目標とする。

1 高度な専門的知識・技能及び研究力
・計算機のハードウエア技術、ソフトウエア技術、および情報伝送技術の高度専門知識を持っている。
・研究成果を論文として専門誌に掲載することを通じて、研究成果の効果的な発表方法を修得している。
・自発的探求心、論理的思考能力、課題発見・解決能力、表現能力を修得している。
2 学際的領域を理解できる深奥な教養力
・理工融合教育科目の履修を通じて、知的探究心、論理性、問題発見・解決能力、表現力などを修得している。
・講義や研究室内のセミナーを通じて、専門分野とその周辺における最新の科学技術を修得している。
3 グローバルな視野と行動力
・国内外の学会での論文発表を通して、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を修得している。
4 地域社会を牽引するリーダー力
・国内外の企業・研究機関などと連携したインターンシップ制度を通じて、企画力、実践力、社会性を修得している。

教育の特色

ユビキタス社会の実現のためには、コンピュータのソフトウェアとハードウェア双方に可変性を導入し、柔軟で適応性の高い情報処理システムを構築する必要があります。この教育プログラムでは、コンピュータアーキテクチャ、ハードウェア設計など「ハードウェア技術」の専門家、アルゴリズム、オペレーティングシステムなど「ソフトウェア技術」の専門家、および、マイクロ波・ミリ波工学、回折光学など「情報通信・電磁波工学」の専門家が有機的に連携して教育・研究活動を行っています。

代表的な科目

算法解析特論I、集積システム設計工学特論、コンピュータアーキテクチャ特論I、時系列解析特論

アドミッションポリシーへ