教育部各専攻の紹介 博士後期課程


博士後期課程 理学専攻

 

物理科学コース

 

教育目的

超ミクロから超マクロまでの自然界とそこで起きる現象を、物理科学の観点から深く理解させると共に、自立した研究者を育成することを目的とする。

教育目標

物理学にしっかりと立脚した科学を本質から理解させ、次世代の物質科学に関する科学・技術を発展させうる人材の育成を目標とする。以上の観点から以下の目標を掲げる。

1 講義やセミナー等を通して、物理学の基礎およびそれらの応用に関して先端的な知識を獲得させる。
2 博士論文作成のための研究指導過程において、先端的な研究と高度な専門能力をもつ科学技術者に必要な論理的思考能力、表現能力などを育成する。
3 国際学会での発表、英語による論文作成を積極的に行わせることで、研究レベルや人的交流の国際性の涵養に努める。

教育の特色

物質を構成する基本的粒子とその基本的相互作用について、また、凝縮系における物性と、種々の極限環境下(低温、高圧、磁場、レーザー光の照射)での物質の反応とダイナミクスについて、さらには、宇宙、星、ブラックホールの構造解明にいたるまで、階層構造を有する自然界の各層における物質の物理的性質の解明をめざしています。そのために、実験(磁性、超伝導、光物性等)、純粋理論、あるいは数値シミュレーション等のさまざまな角度から、基礎研究を行い、教育を進めています。

代表的な科目

超高速分光学特論、コンピュータ物理学特論II、素粒子物理学、微小領域物性特論

アドミッションポリシーへ