教育部各専攻の紹介 博士後期課程


博士後期課程 理学専攻

 

地球環境科学コース

 

教育目的

地球環境に関する基礎的科学の最先端知識と技術を教授し、創造的研究能力を養う。とりわけ複合領域の諸問題に対処しうる総合的な研究能力を育み、地球環境にかかわる現代社会の諸課題の解決に貢献しうる人材を育成する。

教育目標

1 地球や自然環境に関する最先端の知識を伝授し、論理的思考能力を育むように講義を充実させる。
2 複合分野の諸問題に対処する能力を育むために、複合分野にまたがる研究プロジェクトを充実させ、積極的な参加を奨励する。
3 国際的に貢献しうる人材を養成するため、海外との共同研究プロジェクトへの参加や国際会議での講演を奨励するなどの研究指導を行う。
3 創造的思考能力と論理的思考能力を育むため、学生による発表と討論主体のセミナーを充実させる。

教育の特色

地球環境は、46億年の歴史によって成立した複雑なシステムとして成り立っており、その中には、岩石圏、水圏、気圏、生物圏が作る複雑なサブシステムが含まれています。現在の地球においては、人類が地球環境システムに与える影響が、人類の生存にもかかわる問題となりつつあります。この問題を解決していくためには、地球システムを正しく理解する必要があります。しかし、地球環境の現状とその歴史について、依然として未知の領域が残されています。
本コースでは、現在及び過去の地球環境システムを理解し、新たな研究領域を開拓しつつ複合領域にわたる問題の解決に貢献することのできる人材を育成するための教育・研究を進めています。

代表的な科目

地殻変動特論、マントル岩石学特論、流域環境科学特論

アドミッションポリシーへ