教育部各専攻の紹介 博士後期課程


博士後期課程 理学専攻

 

生物科学コース

 

教育目的

生命活動における様々な現象の根幹をなす機構や多様な生物群における環境適応機構に関する最先端の専門知識および論理的思考力を基盤として、生物科学に関する諸問題を自分で発見し、問題解明のための適切な方法を選び出すことができる能力を培う。

教育目標

1 生命科学に関する諸問題を自分で発見し、問題解明への適切な方法を選び出し、自主的に解明する能力を有する研究者を育成する。
2 最先端の生命科学に関する高度な知識を体得させ、高い研究能力と論理的思考力を育成する。
3 国際的なコミュニケーション能力に秀でた人材を育成する。海外における研究機会の提供を積極的に進める。
4 単なる実験能力だけでなく、高度な専門性を持ちつつ研究全体をオーガナイズできる能力についても涵養し、産業界を始めとする社会のニーズを満たす人材を養成する。

教育の特色

生物の統合的理解に向け、細胞レベルから群集レベルに至る様々な生命現象の解析が急速に進展しています。その進展に遅れることなく、細胞および個体を対象とした機能や分子の分子構造、すなわち生体系が持つ物質代謝、情報伝達の基礎的解明や、種や群集やそれらの相互作用を対象とした生物多様性の解析や保全に関する最先端分野の教育を行ないます。

代表的な科目

分子細胞生物学特論Ⅱ、植物細胞学特論Ⅱ、行動進化学特論Ⅱ

アドミッションポリシーへ