教育部各専攻の紹介 博士後期課程


博士後期課程 理学専攻

 

数学コース

 

教育目的

代数学、幾何学、解析学、確率論、数理物理学等の各分野に於いて基礎的な研究を重視しつつ、高度化している最先端の理論を修得し、さらに深化させることによって、学問の発展、社会の進展に貢献できる人間の育成を目的とする。

教育目標

代数学、幾何学、解析学、確率論等の各分野における最先端の理論を学ぶことにより、独自の数学観を身につけ、国内外における数学教育、研究面での最前線で活躍し、地域社会の発展にも貢献しうる資質を培う。

教育の特色

数学は代数学、幾何学、解析学、統計数学、情報数学などの諸科学の基礎となる学問であり、絶えず発展しています。新しい理論を取り込みつつ、流行にとらわれない息の長い基礎的な研究を推進しています。国内はもとより、国際的な交流を積極的に推進し、世界に通用する教育・研究を行います。

代表的な科目

有限群論と組合せ構造、リーマン幾何学、偏微分方程式論、確率過程論

アドミッションポリシーへ