教育部各専攻の紹介 博士前期課程


博士前期課程 土木建築学専攻

 

土木工学教育プログラム

 

教育目的

自然災害から市民の生命や財産を守る防災・減災、生活や生産活動に必要不可欠な社会基盤施設の計画・設計・建設・管理、自然環境との共生や資源循環型社会構築のための環境保全に関する幅広い視野と知識、高い専門技術力を有し、地球規模の課題に対して技術提案ができる土木技術者を輩出する。

教育目標

上記の目的を達成するために、自然環境の保全、および社会基盤施設の計画、設計、建設、管理、ならびに防災・減災といった土木工学全般にわたる、より深い専門的知識を習得し、自然と共生し持続可能な社会の構築に資する能力を養成する。

教育の特色

学士課程で学んだ専門知識をさらに深化するために高度で最新の学理を学び、その知識を実社会に適用するために必要なエンジニアリング・デザイン力や国際性の涵養を目的にしたプログラムも組み込まれています。また、特に防災・減災、社会基盤施設の計画・設計・建設・管理、資源循環型環境保全の研究分野に関する幅広い専門的知識を修得させるとともに、既成の専門分野にとらわれずに分野横断的に履修するカリキュラムを編成・実施し、広い学識も修得させます。

代表的な科目

環境微生物工学、非破壊診断学、応用環境地盤工学、海岸保全工学

アドミッションポリシーへ