教育部各専攻の紹介 博士前期課程


博士前期課程 理学専攻

 

地球環境科学コース

 

阿蘇カルデラと噴気を上げる中岳火口。
阿蘇カルデラの形成は、北部九州の環境形成に大きな影響を与えた。

 

教育目的

地球環境を基礎科学から理解し、広く自然科学の基礎知識を身に付けた人材を育成する。複合領域にわたる問題を理解するための堅実な基礎学力をもち、解析・統合へ深化させる創造的能力をみがき、さらに現代社会が抱える様々な問題に応えるために、野外調査から実験室での微細な分析を含む知識と技術を持った専門性のある能力と広範な視野を持った人材を育成する。

教育目標

1 最先端の知識と幅広い視野を獲得させるため、地球システム科学・地球物質科学・地球変遷学・環境科学・自然災害・水文学等に関する最新情報を、講義やセミナーを通じて教授する。
2 修士論文作成に向けて研究を指導する過程において、自発的探求心、論理的思考力、問題解決の能力、表現能力を育むように、学生による発表と討論主体のセミナーを充実させる。
3 地域における産業・行政・教育研究機関との連携を深めるため、地域の問題を授業や修士論文のテーマに組み入れる。

教育の特色

地球環境は、地球誕生以来46億年の歴史の中で 、時には地球外部からの影響をも受けながら、岩石圏、水圏、気圏、生物圏が織りなす複雑で密接な相互作用によって成立するシステムとして形成されてきました。顕在化しつつある人類の生存にもかかわる問題を解く鍵は、このシステムを正しく理解することにあります。しかし、地球環境の現状とその歴史については、依然として広く、深い未知の世界が残されています。
本コースでは、現在及び過去の地球環境に関する様々な問題を理解し、多角的視野からその解決に貢献することのできる人材を育成するために、野外調査から実験室での分析、数値解析等を含む最先端の手法を用いた教育・研究を進めています。

代表的な科目

地球環境解析学、地球変遷学特論、水文学特論

アドミッションポリシーへ