教育部各専攻の紹介 博士前期課程


博士前期課程 理学専攻

 

数学コース

 

教育目的

数学の深化した最先端の理論の幅広い理解とその運用能力を身につけ、社会からの要請にも十分応えうる、論理的思考能力や問題解決能力を備えもつ自立した人間の育成を目的とする。さらに共通言語としての数学を用いることで、理学、工学などの諸科学における問題に意欲的に取り組むことのできる人間の育成を目的とする。

教育目標

1 講義やセミナーを通して実際の数学の研究活動に従事する。最新の数学理論を集中的に学ぶことにより社会からの要請にこたえうる数学観を身につけた人間を育成する。
2 セミナーなどでの発表を通して、高いコミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を身につけた人間を育成する。
3 数学の研究を通して身につけた能力を社会の様々な分野で個性的に発揮できる人間を育成する。

教育の特色

自然現象の理論化とその解析を視野に入れ、数学の基礎理論の教育研究を行い、自然科学における知の創造、継承、発展を担うことのできるスペシャリストとしての研究者や教員、あるいは理学を素養として幅広く社会に貢献できる人間の育成を目標に、学部教育から連続した内容の専門科目群に加え、主体的に先端情報を検索し内容を紹介できる資質を涵養するための数学ゼミナールⅠおよびⅡ、要求された課題に対して主体的に取り組み解決する能力を涵養するための数学特別演習ⅠおよびⅡを設けています。

代表的な科目

数学ゼミナールI、数学ゼミナールII、数学特別演習I、数学特別演習II

アドミッションポリシーへ