教育部各専攻の紹介 博士前期課程


博士前期課程 材料・応用化学専攻

 

応用生命化学教育プログラム

 

教育目的

本教育プログラムでは、応用生命化学の基礎である化学、生物、物理に関する学問分野を基礎から応用まで体系的に学習することを通して、応用生命化学分野の真理を希求するとともに、新しい分野の開拓を目指す豊かな創造性を備えた人材を育成する。

教育目標

本教育プログラムにおける教育は、その目的を実現するために、学問の自由を尊重しつつ、次に掲け?る目標に従って行う。

1 応用生命化学分野に関連する幅広い知識と教養を身に付け、生命化学の真理を求める態度を養い、豊かな情操を培う。
2 応用生命化学分野の研究、開発に必要な技能を伸は?し、創造性を培うとともに、研究活動に邁進する態度を養う。
3 科学技術における倫理観と責任感を養うとともに、環境問題や社会的問題を応用生命化学の立場から自主的に解決しようとする能力と素養を養う。
4 応用生命化学分野の発展に貢献するとともに、国際的な場で活躍する能力を養う。

教育の特色

物質化学、生命化学の基礎的知識をもとに、応用的・発展的な生命化学分野の科目を学修できるよう編成しています。また、多くの英語学術論文を読み、まとめ、発表する演習科目を準備し、グローバルな視点から情報を集め、まとめる能力を修得できるように編成しています。さらに、グローバルな視点から研究課題を見つけ、それを解決する方法を立案、実行できる能力を修得できるように、実習科目を準備しています。

代表的な科目

医用ナノ材料学、生物分析科学特論、有機材料化学特論、高分子ナノ構造制御論

アドミッションポリシーへ