教育部各専攻の紹介 博士後期課程


博士後期課程 工学専攻

 

人間環境情報教育プログラム

 

教育目的

情報工学、電子工学、および制御工学等についての教育を多面的に行い、情報・電子・制御関連領域のみならず境界・複合領域に関する専門的知識を備え、グローバル化した世界で広い視野と高い倫理観を持って活躍できる人材の育成を目的とする。

教育目標

以下のような能力の習得を目標とする。

1 高度な専門的知識・技能及び研究力
・情報・電子・制御工学の基礎ならびに理論的分野とその応用的分野における高度な専門能力を持っている。
・知的探求心、論理的思考能力、問題発見・解決能力、表現能力などを修得している。
2 学際的領域を理解できる深奥な教養力
・情報・電子・制御関連領域の知識を基盤に、これらの境界・複合領域に関する理解・応用能力(専門的知識)を修得している。
3 グローバルな視野と行動力
・国際学会での論文発表、海外大学での研修などへの積極的な参加を通じて、国際的な社会性を有している。
4 地域社会を牽引するリーダー力
・国内外の企業でのインターンシップを通じて、社会性やリーダーシップを修得している。

教育の特色

少子高齢化や環境問題などを抱えるこれからの社会では、人間が安全で快適な社会生活を送るための支援システムに関する技術の開発が急務となっています。その実現のためには、人間とそれを取り巻く環境を多角的に捉える研究が必要です。この研究分野では、ヒューマンインターフェイス、知的制御、生体情報計測、自然環境評価など、人間・環境・情報に関わる多種多様な要素技術とその有機的統合について、広範囲の教育・研究活動を行っています。

代表的な科目

マルチモーダル情報処理特論、情報変換システム論、多元情報計測処理特論、統計信号処理特論

アドミッションポリシーへ